クラビットはどんな薬?副作用は?

“クラビット”という薬を知っていますか?

体内の細菌を殺菌してくれる薬で、
次のような感染症の治療に使われます。

  • マイコプラズマ肺炎
  • 気管支炎
  • 咽頭・扁桃炎
  • クラミジア感染症
  • 皮膚感染症
  • リンパ管・リンパ節炎
  • 膀胱炎
  • 尿道炎
  • 感染性胃腸炎
  • 外耳・中耳炎
  • 副鼻腔炎
  • 歯周組織炎

このように皮膚や呼吸器など、
さまざまな感染症による炎症や痛み、熱を和らげます。

比較的 副作用は少ない薬ですが、
皮膚に発疹や赤みが出る、
腹痛や下痢が続く、
などの症状が出る場合は使用を中止しましょう。

起こるとことはまれですが、
重度の副作用としては
手足のしびれ、息苦しさ、けいれん、発熱、吐き気
なども挙げられます。

上記のような副作用のリスクを減らすためには、
用法用量を守ることが何よりも大切です。

またクラビットは
次のような薬と合わせて飲むのは避けましょう。

副作用を強める可能性があります。

  • 鎮痛剤
  • 胃腸薬
  • ワーファリン(血液が固まるのを防ぐ薬)
  • 鉄剤

腎臓病を持っている人や高齢者も
副作用を起こしやすいので注意。

妊娠中の女性や子供への使用は避けましょう。

さまざまな感染症に効く、
優れた効果を持つクラビット。

副作用に十分気をつけながら
服用してくださいね。

クラビット 通販